今後は更なるハイテクノロジーによって、農家の負担を軽減させることが考えられます。

日本の農業の未来は?今後の課題と予測される技術の進化

MENU

農業の現在と今後について

 

老夫婦の農家

 

現在の農業は「超高齢化社会」に突入しているため、今後の日本の将来を考えると自給率の低下が考えられます。
国の対策として、各地域で助成金を出したり、若者の招集を行っているものの、いまだ形として結びついていないのが現状です。

 

とはいえ、働き方が多様になり、ITの発達によって「地域」にこだわることなく働くことが出来るように改善されていることが今後大きな変化を与えることになってくるでしょう。

 

具体的にはコンピューター社会がその一つです。
またテクノロジーの発達、ITOの出現、ロボット研究の進歩などにより、高齢化社会を支える土台の仕組みが整い始めています。

 

この「技術」によって、働き方が更なる進化を遂げ、高齢化社会に突入したとしても日本の自給率を安定させることに繋がるきっかけを生み出しています。

 

 

農業の未来と今後について

 

農業の未来は更なる技術発達によって、安定した収穫、人員の確保、ロボットが支援する環境などが整っていくことが考えられます。
車の自動運転技術もめまぐるしく進歩していますが、その恩恵を農業業界も受ける日が近づいています。

 

収穫の自動化、農作業のロボット化など、今後は更なるハイテクノロジーによって農家の負担を軽減させることが考えられます。勿論、全てをそういった技術が支えるまでにはまだまだ歳月がかかりますが、それでも近い将来大きな変化が訪れることは目に見えています。

 

日本は「安全」を重視する国なので、海外に比べて2歩程進化が遅くなっていますが、海外での取り組みが動き出せば、国も法の整備を整えて、一気に最新技術が導入されることになるでしょう。

 

 

農業の課題と日本の問題

トラクターに乗る少年

 

そもそも日本は土地が狭く、農業を行える土地面積が殆どありません。
海外と比較をするとかなり小規模な体制だということが分かります。
それでも、海外で生産していない作物などを生産できるのは「日本の技術力」の賜物です。

 

今後も更なる技術の発展により、多くの作物を高品質で作り出す技術が開発されていく可能性があります。

 

自給率が低下していても、海外からみれば「日本の農作物は高品質で美味しい」ということが知れ渡ることで、日本の農家の威厳や誇りを守ることが出来るようになるでしょう。

 

人口の減少によって、さらに高齢化社会問題が浮き彫りになりますが、最新の技術によって支えられ始めています。

 

とはいえ、最新の技術だけで変えようとするのではなく、若者物の働き方を見直し、地方活性化への取り組みをさらに行うことが今後の課題といえるでしょう。

 

 

農業の経営は難しい?

「農業は儲かる!」
と、昨今では農業に参入する若者が非常に多くなりました。

 

しかしながら、農業は天候や災害に大きく左右されるビジネスですので、儲かる反面で予測不能なリスクも同時に抱えています
そのため「資金不足時にどのように乗り切るのか」という点については予め検討をしておかねばならないのですが、新規で始める場合は実績もありませんので、銀行から融資を受けるのは難しいです。

 

そこでオススメしたいのが「物を担保に融資を受ける」という方法です。
農業に於いては欠かせない「土地(不動産)」「農機具」ですが、こちらは実は担保としても利用することができます。

 

JAバンク新潟「農機具ローン」

 

ただし、返済が滞るとこれらの物が取り上げられてしまうというリスクがあるので、万が一の事態にも対応できるだけの運転資金を用意した上で事業を始めるのが望ましいです。

 

↓不動産担保ローンについて詳しく知りたい方はこちら
不動産担保ローンのリスク

 

 

日本の未来と今後の展望

 

TPPの影響を受け、今後は消費者の私たちにとっては更なる変化を感じられる時代に突入します。
食卓に並ぶ野菜、果物、食べ物にも変化が現れ、またその価格も大きく変わっていくことでしょう。
日本の消費者達も「価格から品質へ」移行し始めているため、結果的に価格だけが安ければよいという時代でもありません。

 

よって少子高齢化によって人口が減少したとしても、日本の高い技術力、高い品質によって農家の安全や未来は守られていくことが予想されます。

 

今後の日本としては、いち早く国と各地域が連携を取り、農業業界全体を活性化させる取り組みを行うことが最も重要です。

 

働き方の変化によって、兼業を行うことも難しくない時代になってきていることをメディアや国が発信していくこと、また事業の重要性や農業の未来についてもどんどん積極的に情報を公開していくことが大切です。

 

つまり、日本の未来を変えていけるのは今の若者であり、若者の考え方が変化することで今後の「農業業界の未来」が大きく変化していくことが考えられます。

 

農家親子