農業は助け合いなので風習やルールを無駄だと思わず、多少の理解を深めるよう努力しましょう。

農業の悪しき風習とは?農業への理解を深めることの大切さ

MENU

農業独自の悪しき風習

 

地方によっても異なりますが、余計な風習等があるのは事実です。
簡単にまとめるとその土地で暮らす人々のルールがあり、これに基づいて集落やその地域の人々が暮らしています。

 

これから農業をやろうと気合を入れてスタートしても、それらの風習によって多大なるストレスを抱えることになる可能性も考えられます。

 

まず、理解しなければならないのが、その土地の文化やルールが必ずあるということを覚えておきましょう。

 

 

農業は助け合いなので風習等の理解を高める

 

今の時代で生きている人達にとって、悪しき風習は「全くの無駄」だと感じることも沢山ありますが、それらのルールに関して全て無駄だと思うのではなく、多少の理解を深めるような努力をしましょう。

 

また農業をこれからスタートする方たちは周りの意見に耳を傾け、理解するような努力を行うようにしておくと良いでしょう。

 

 

地域との取り組み方を深める

 

地域の取り組みに関して関係を深め、全ての人達で話し合いながら問題を解決していくという姿勢は大変素晴らしいことです。
ただ、知識や経験値はその土地で暮らす人々の方が多く持っていることは事実です。

 

農業を行う際はそういった関係構築も重要だということを理解しておきましょう。

 

 

悪しき風習を止める為には?

 

握手

まずは一人では絶対に無理です。必ず周りの理解や助けが必要になります。
自分だけで行動するのではなく、多くの方の協力を受けながら改善をしていくように進めましょう。

 

間違っても一匹狼のように一人で何でも進めないようにしましょう。悪い風習があることは事実ですが、多くの方と助け合いながら解決していくことが最も効果的な方法です。

 

 

農業の変化によって時代がさらに変化する

上記で述べたことは今も変わらず続いていることもありますが、時代の変化によってこれからどんどん変革していきます。
よって農業の形もさらに多くの変化や改善がされていくことは間違いありません。
時代によって形を変えていくことを理解しておきましょう。