農業の魅力を知り、農業の素晴らしさを感じることで、次世代の人材を確保することが期待できます。

死活問題である農業の次世代育成について-今後必要な取り組み

MENU

次世代の人材の育成

 

農業を行う人の確保がもっとも農業業界で行わなければいけない対策ですが、地方自治体によって積極的な取り組みが行われています。

具体的には、助成金の補助、自宅購入代金の負担、また地域によっては更にお得な条件等もあるのが魅力です。

 

人口減少による問題は、今後どんどん少子高齢化が進むことによって深刻な問題へと発展していきます。次世代の人材を確保しなければ、日本の自給自足率は低下していくばかりです。

 

自治体の取り組みによって最小限には食い止められているものの、さらなる魅力を提供しなければ、どんどん都会での仕事を選択する人たちが増え、地方での仕事を行う人は低下してしまいます。

難しい問題ではあるものの、次世代の人材の育成は死活問題となっています。

 

 

農業の素晴らしさを提供することが大切

 

説明する農家の人

都会、栄えている地域で仕事を選択する方に農業の素晴らしさを知ってもらうには金銭面と精神面でのメリットを数多く訴えかけなければいけません。

 

確かに年齢が高くなるにつれて負担が増すことは事実ですが、その時にはさらなるハイテク時代に突入しているため、農業の負担はかなり低下することが予想されます。

 

農業の魅力を知り、農業の素晴らしさを感じることで次世代の人材を確保することが期待できます。
今の若者たちに真剣に訴えかけるには国としての対策も必要になってきます。

 

 

自治体だけでなく国全体でのプロジェクトが必要

 

日本は自給自足率が低く、このまま少子高齢化が進んでしまえば日本全体の食料危機が益々深刻化します。
日本は輸入に頼っているとはいえ、自給自足率が低下するのは日本のGDPにも影響を及ぼします。
つまり、農業を行う次世代の人材を育成するということは国レベルのプロジェクトで考えなければいけないということです。

 

そして国が更に支援することで、現代の若者達にさらなるアプローチを行うことが出来るようになります。
そうすることで次世代の育成への橋掛かりを行うことが出来ます。