今後は地方自治体の活発的な取り組みによって、若い人達が農業に携わることが望まれます。

今後の日本の農業の在り方とは?時代による価値観の変化

MENU

今後の農業の在り方

 

時代が変化し、ますます少子高齢化が進んでいる日本ですが、今後の農業はさらにハイテク化が進むことは間違いありません。
昔ながらの伝統をそのままに、作業効率が見直され、さらに画期的な技術によって農家の人々の負担が大幅に軽減されることが予測されます。

 

また地方自治体も多くの取り組みを行っており、農業を仕事にする方に奨励金家賃補助自宅購入金負担等なども行っています。
都会で働くことも素晴らしいことではありますが、今の時代だからこそ改めて農業の素晴らしさを再確認することができます。

 

 

自給自足率の低下による日本の危機

 

輸入イメージ

本格的な食糧難が来るというのは当分先だと思うかもしれませんが、日本は自給自足ができない国です。
その理由は土地が狭く、農作物を育てる環境が限られているためです。
また地震などの災害も多く、他の国に比べて決して良い環境とはいえません。

 

ただ、日本はそれを補うためのハイテク技術、最先端の農業技術等を開発しています。
これにより、現在も一定の水準で収穫することができていますが、今後の少子高齢化社会によってますます厳しい時代が来ることは目に見えています。

 

だからこそ、今後の農業の在り方としては若い人達を含めたが中心となり農業を行っていくことがとても重要になってきます。

 

 

時代の変化によって農業への価値観が変化する

 

今後考えられるのは、現在の若者と呼ばれる人達が地方で農業をやる流れが進むようになってきます。
その理由は、地方自治体が活発的な取り組みを行っているためです。

 

物価も安く、移住費に関しても低コストなため、都会で暮らすよりも大幅に節約をすることができるのも追い風となっているので、地方の過疎化が多少減少することが予想されます。

 

また働き方が多様になり、ネット環境の整備のおかげで地方でも仕事ができることも理由に挙げられます。
今後の農業はますます進化し、さらに目まぐるしい発展を遂げることが考えられます。

 

昔と今の農業の違い