早急な後継者の育成、農業業界の再活性化を行うことが一番の課題です。

現在の農業が抱える問題点について-自給自足率と食糧危機の問題

MENU

現在の農業が抱える問題点

焦る農家

 

現在の農業が抱える問題は後継者の育成農業業界の衰退が考えられます。
若者は基本的に都会や地方に出てしまうため、農業業界の高齢化が問題となっています。

 

地方自冶体によって積極的な活動がされているものの、その効果は少しずつしか現れていないのが現状です。
今後は高齢化社会が深刻な高齢化社会が問題になっていくため、益々後継者問題について考えなければいけなくなります。

 

早急な後継者の育成、農業業界の再活性化を行うことが一番の課題となっています。

 

 

自給自足率の低下と食料危機の問題

 

人口が減少し、後継者がいないということは、今後の日本において「食料危機」に遭遇する可能性が極めて高くなります。
早急な対処を行わなければ、日本の自給自足率が低下し、国内総生産にまで影響を与えます。
つまり、GDPが低下することにより経済成長が低下する恐れがあるということです。

 

日本は農業ではなくITや自動車産業が有名ですが、いつまでもそれだけでは発展はしません。
農業業界の自給自足率の向上は最も大切な課題となっています。

 

 

最新機械を活用できなくなる恐れと懸念事項

 

農業業界もIT技術、最新技術の進化によって目まぐるしい恩恵を受けているものの、農業業界全体が高齢化社会に突入しているため、折角開発された「最新技術」が浸透しない(理解できなくて結局使わない)可能性が考えられます。

 

どれだけ素晴らしい技術でも活用されなければ何も意味を成しません。その時代がさらに今後進むことが考えられるため、何度もいいますが早急な後継者育成、農業業界へ若者を取り組むことが必要です。

 

時代の変化と共に日本の農業業界も進めていかなければ、どんどん世界が取り残されていき、さらなる自給自足率の低下を招いてしまうことが考えられます。

 

そうならない為にも、国、地方自冶体が連携を取り、多くの取り組みや改善策を打ち出すことが最も必要な対策の一つとなっています。

 

次世代の育成