地震で畑や田んぼが壊滅してしまうと、土から育てなければいけないのが現状です。

大震災がもたらす農業への影響とは?想定されるトラブルのパターン

MENU

大震災による農業への影響

 

大震災による農業への影響は計り知れません。近年大型の地震災害が頻繁に多発しており、農業を仕事にされている方には様々なトラブルが引き起こされています。

 

農作物の破壊による年収の低下

災害によって農作物が収穫できないことにより、生きる為に必要なお金を稼げなくなってしまいます。

 

災害による土地や自宅の壊滅

地震によって農作物だけでなく、そこで暮らす人々の自宅にまで大きな影響を与えてしまうケースがあります。
移住を考えさせられたり、自宅の修復・修繕が行われるまで何も手を付けられないケースなどもあります。

 

土地の崩壊と農作物が育てられないケース

地震の影響によって畑や田んぼが壊滅し、その影響で土地そのものが被害にあってしまうケースです。
口でいうような簡単なことではなく、一度壊滅してしまうと「土」から育てなければいけないのが現在の農家の現状です。
その為、地震によって沢山の影響を受けてしまうことで多くの被害を招いてしまうことが挙げられます。

 

 

大震災を予測できないからこそ引き起こされる問題

災害に遭った農家

農業を行う人達にとっては地震を予測すること自体出来ませんし、防ぐことができません。
よって常日頃からそういった災害に備えなければならないということを自覚しています。
とはいえ、一度被害にあってしまえば当面の収入減も絶たれてしまうため、精神的、金銭的、肉体的なダメージを受けてしまいます。

 

実際には組合などでそういった場合の保険的な対策が行われているものの、甚大な被害を受けてしまうことには変わり有りません。
現状としては、地震などの被害を防ぐ術はありませんが、備えるということが最も効果的な対策となっています。

 

 

日本の農家が誇れる武器

災害があっても、そこからたくましく立ち直る取り組みをしていくのが日本の農家の人達の凄さです。
例え、大きな被害が起きてしまってもそこから立ち上がるというのが日本の農家の武器と言っていいでしょう。
地震を防ぐ術はないものの、日本の農家には「たくましさ」と「力強さ」があることは素晴らしい魅力となっています。