安定して出荷できる技術も開発されており、昔に比べて農業をするデメリットが抑えられています。

昔の農業は現代に向けてどのように変化したのか?過去と今の農業の違い

MENU

過去と今の農家の違い

 

昔と今を比べると、農業もかなりの進化をしています。
例えば作物の育て方の違い、ハイテク技術の活用、作業効率化など、技術の進歩によって多様な変化をしていることが特徴です。

 

昔に比べて農業の技術も進歩し、さらには負担が低下していることも農業の進歩となっています。
また安定して出荷できるための技術なども開発されており、農業をやること自体のデメリットを昔に比べてだいぶ抑えられていることが特徴です。

 

 

作業の効率化による自給率の向上

 

目まぐるしい技術発展によい、農業業界にも様々な恩恵が訪れています。それは「作業効率化=最新機械」の導入による変化です。
昔は全て手作業、或いは人の力を利用して行わなければいけなかったことが全て機械による作業で対応できるようになりました。
これにより、加齢が進む日本社会は現在でも自給自足率を急激に低下させるリスクを減らしています。

 

今後もさらなる技術の進歩により、効率化が発展していくことが考えられます。

 

 

時代の変化による農作物の変化

 

ラ・フランスのイラスト

昔と比較をすると「作られる物」も変化していることがわかります。
例えば、ラフランスは現在日本がメインとなって作られています。
海外でも作られていないものも、日本の素晴らしい技術と品種改良によって多様な形に変化しています。

 

農作物については今後も気候の影響などによって変化することは当然ですが、品種改良によって日本でも育てられるようになる可能性が考えられます。

 

 

管理体制の強化による品質の安定

 

昔は品質の安定を行うことがとても難しかったですが、現在は管理体制の強化により、品質をしっかりと見極めることができるようになっています。

 

また農薬の進化により、安定して出荷できるようにもなっているため、農家の人達にとっては大きな影響を与えています。
このように、昔に比べて技術が進化していることによって、農業に数多くの変化をもたらしていることがわかります。