農業を発展させるためには農協の改革を行うことを最優先すべきです。

どうして農業は発展しないの?その原因はTTP問題や人手不足にあった!

MENU

農業が発展しない理由

日本の農業は他の国々や他の産業と比べて発展している印象を受けません。TPPでは「立場が弱くなり生活が出来なくなる」と反対し、儲からないから、と代々の農業を受け継がずに廃業してしまったりしています。

 

そのため日本の食糧自給率は衰退していき、食料の多くを輸入に頼っているのが原状です。
なぜ日本の農業は発展せず、衰退するばかりなのでしょうか?また、発展する可能性はあるのでしょうか?

 

 

現在の農業の仕組み

農家のイメージ

農家で作った農産物がどうやって消費者の手に入るのか、農業に関わっていない人たちの多くは知らないのではないか、と思います。
多くの農家は「農協」に加盟しています。通称「JA」と呼ばれる組織です。

 

農協は農家が作った収穫物を買い取ってさまざまところに流通させて農産物を販売したり、農業についての指導や肥料などの提供などを行っています。
要するに、農家は農作物を作ったらそれを農協に販売するだけで済むのです。
そのため、農家は農産物を作ることだけに集中できます。逆に言えば農産物を作るだけでよくなってしまいました。
また、農家には国から補助金が出ていることところもあります。農作物をきちんと作って出荷することができれば一定の収入は見込めるわけです。

 

しかし、気象的な問題や畜産物に病気が発生するなど農産物が出来ないというリスクがあるのも事実です。
その際は借金だけが残ってしまう、といった問題も起こりえます。
また、日本では他にさまざまな産業が発達しているので、リスクが低く収入が安定している他の産業に進出してしまう人たちが多く、農業を行う人口が減り続けているのです。

 

 

農業を発展させる為に

農協は農家にとってはかゆいところにも手が届く、というくらいに様々な事業を行っています。
しかし、農協に頼りきりな分、自分の農作物を自分でルートを開拓して販売する事が出来ません。農協は加盟している以上、独自で販売ルートを作って販売することを禁止しているのです。

 

しかし、農協に加盟していなければ農協が提携しているところで農産物の販売が出来なくなってしまいます。
ですが、農協に農産物を販売すると手数料と流通コストを支払わなければならず、農家への手取りはおおよそ30~40%ほどになってしまうのです。
農業を発展させる為にはこれらの問題をクリアにする必要があります。そのためにはまず農協の改革を行うことが最優先です。

 

しかし、農協の改革を行おうとしてもなかなかうまくいかないのが原状です。
農業を衰退させない為には農家ひとりひとりが農産物をこれからどのように販売し、ビジネスとして発展させることが出来るのかを考え直す必要があるといえます。