自然災害による壊滅的被害を受ければ、金銭的、精神的な面での影響も計り知れません。

農業をやる上で辛いこと・大変なことをよく知ろう

MENU

農業をやる上で辛いこと

 

悩む老夫婦

農業を行う上でもっとも大変なのは「天候」です。晴れていても雨でも、雪でも全ての天候の中で作物や育てている物の世話をしなければなりません。
また毎日続けなければいけない作業を怠ってしまうと、作物が育たずお金を稼ぐことができなくなってしまうことです。

 

そして、加齢が進むことによる体力の衰えなども身体的な負担を高めてしまいます。
現在は、ハイテク農業機材なども販売されているため、幾分か昔に比べて楽にはなっているものの、現状としては上記のようなことが一番のネックとなっています。

 

 

自然災害を予測できないこと

 

日本は頻繁に地震が起こる国ですが、そういった災害を予測することができず、どれだけ精一杯に育てていても災害によって壊滅的被害を受けてしまえば全てパーになってしまいます。

 

年収的な大きなダメージだけでなく、精神的な面での影響も計り知れません。
農業をやる上ではそういったことがつきまとってしまうということが一番のネックですが、逆に慣れてしまえば、精神的にも肉体的にもタフになることができます。

 

 

農業を始めた段階は不安が付きまとう

 

育て方、管理の仕方、1日の時間の使い方、流れ、全てにおいて自分て自分で自己管理しなければいけません。
最初のうちはとても不安になりますが、農業をやる上では多くの方の支援があります。
あまり最初から色々なことを考えるのではなく、多くの人達と協力しながら農作物を育てていくという考えに切り替えるようにしておきましょう。

 

 

農業はやる気で年収も大幅に増やせる

 

大変なことがある一面、その気になれば農業は沢山の年収を稼ぐことができることも事実です。
勿論大変な面はありますが、それでも「やりがい」「喜び」を実感することができるのが魅力となっています。

 

大変さばかりに目を向けるかもしれませんが、時間の使い方や、仕事の価値観などが大幅に変化し、多くのことを吸収できる素晴らしい一面があることを理解しておきましょう。